トップ

病気予防のため食を見直し

病気予防の効果あり

食事

病気予防は食生活から

忙しい日常を過ごしていると、食生活が偏りがちになります。丼ものや麺類であれば、手軽にお腹を満たすことができますが、どうしても栄養が偏りがちに。サプリメントで不足した栄養を補うこともできますが、やはり食品から摂ることが大切です。とくに旬の野菜には、その季節に合った栄養素が豊富に含まれており、病気を予防する効果も期待できます。例えばトマトやオクラ、ナスなど夏に収穫する物はカラフルだったりします。これは夏場の紫外線ダメージなどから、回復するための栄養が含まれている為だからです。それ以外にも腸の調子を整えてくれたり、気になる生活習慣病を予防する効果などもあります。食生活が不規則な方は、病気を防ぐ為にも一度、日々食べているものを見直すことが必要かもしれません。

病を予防する食生活の基本

野菜を不足させない食生活を実践することで、肥満や高血圧などの病気を予防しやすくなります。普段からトマトやキャベツなどをよく食べていれば、水溶性と不溶性の食物繊維を摂取できて健康的です。水溶性の食物繊維を野菜から摂取することで、血糖値やコレステロール値の上昇を抑えることができます。主食は白米から玄米に変えて、多種多彩な品目を使った料理を作って食べれば病気になりにくくなります。不溶性の食物繊維はゴボウから摂取すると特に効果的で、物理的に大腸の蠕動運動を刺激して便秘も解決できます。ビタミンやミネラルも摂取できますから、美容のためにも有効です。

↑PAGE TOP